適正診断SPIとは?

初めての就職活動は分からないことだらけ。スーツに髪型、メールの書き方、面接のマナーなど就職活動に必須の基礎知識を教えます!
スポンサード リンク
適正診断SPIとは?

就職活動の選考方法に、SPIというものがあります。これから就職活動を始めるという方には「SPIって何だろう」という疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。そのような方のためにSPIについて少々触れてみます。

SPIは基礎能力や性格適性の検査システムの代名詞ともなっています。インターネットの普及に伴い採用がオープンになり、応募者数が激増しました。全員と面接をして採用できればそれが理想的でしょうが、それは物理的に限りなく不可能に近いです。

そこで各企業では、実際には筆記試験やエントリーシートという書類選考によって、応募者数を絞っています。これらをクリアしないと面接にまでたどり着けません。これが学生を悩ませてくれる大きなハードルの1つなのです。

筆記試験の大半を占めるSPIとは一体どのようなものなのでしょうか?大きくは3つに分けられ、まずは言語能力(表現力や文章力、言語の理解力などをはかる)や、非言語能力(仕事上で必要な数量的処理能力をはかる)、そして性格適性(職務に対する適応能力をはかる)から構成されています。これらをそれぞれの会社の要求する能力に合わせる形で選択し使用しているのです。内容的には中学校の学習範囲と考えていいと思います。

SPIですが、全体の6割程度正解できれば合格可能です。しかし、時間の割に問題数が多く、かなり時間がかかる計算問題などが苦手な方は、最初から捨てるのもいいかもしれません。気分的にある程度余裕をもたせて取り組んでいけば、そんなには苦にならないはずです。ただ、ぶっつけ本番だと、時間が足りないかもしれません。

心配な方は問題集を一冊購入し、頭の体操程度の軽い気分で目を通しておくといいと思います。苦手な分野の問題、引っかけ問題などを整理しておくと、本番も気楽に取り組めます。幸い、SPIの問題集はたくさんの種類のものが市販されています。

おすすめ情報ピックアップ
リクルート運営の求人情報サイトです。私も登録していますが、地域ごとに求人が探せて便利なサイトで、只今キャンペーン中です。
就職活動WEBガイド 新着情報

最近の就職活動で必要不可欠なアイテムとしてインターネットの存在があげられるのではないでしょうか。ただ、今の学生もそれほどまではインターネットを使用していないかもしれませんが、これはもったいない話です。参考までに活用方法の例を挙げてみます。まず、自己分析ですが、自己PR、志望動機などエントリーシートで質問されることはワード上に保存しておくとよいでしょう。

ワードなら、文字数の確認も明確ですし、あれこれ考えるためにパソコンよりノートのほうがやりやすいという方もいるかと思いますが、文章を推敲するのは、ワードを利用する方がやりやすいです。業界研究や企業研究に関しては、ネットで企業や関連サイトを閲覧することは当然のことで、ブックマークを業界ごとに分類しておけばとても分かりやすくて便利でしょう。

また「日経テレコン」に契約してみるのも良いかもしれません。こうすることによって、個別の企業に関する過去の雑誌や新聞記事が簡単に収集することができます。それなりに料金はかかってしまいますが、例を挙げると同じゼミで1アカウントを購入してみるというのも一つの方法だと思います。OB訪問では、礼状はメールで済ませましょう。昔のように手紙を書いていた時と比べればかなりの時間が短縮されます。

就職活動関連ニュース