就職活動

初めての就職活動は分からないことだらけ。スーツに髪型、メールの書き方、面接のマナーなど就職活動に必須の基礎知識を教えます!
就職活動WEBガイドについて

 初めての就職活動は、右も左も分からないことだらけ。そんな時、『就職活動WEBガイド』がお手伝いします。就職活動の面接、ビジネスメールのマナー、証明写真の上手な撮り方、就職活動のヘアスタイル、リクルートスーツ、ネクタイの結び方、就職活動に必要な物などを中心に解説しています。
 就職活動を始めると社会人の方を接する機会が増えますので、ビジネスマナーを知っていると必ず役立ちます。就職活動のマナーをしっかり覚えて就職活動を成功させましょう。当サイトは、みんなの就職活動を応援します。

おすすめ情報ピックアップ
リクルート運営の求人情報サイトです。私も登録していますが、地域ごとに求人が探せて便利なサイトで、只今キャンペーン中です。
就職活動WEBガイド 新着情報

最近の就職活動で必要不可欠なアイテムとしてインターネットの存在があげられるのではないでしょうか。ただ、今の学生もそれほどまではインターネットを使用していないかもしれませんが、これはもったいない話です。参考までに活用方法の例を挙げてみます。まず、自己分析ですが、自己PR、志望動機などエントリーシートで質問されることはワード上に保存しておくとよいでしょう。

ワードなら、文字数の確認も明確ですし、あれこれ考えるためにパソコンよりノートのほうがやりやすいという方もいるかと思いますが、文章を推敲するのは、ワードを利用する方がやりやすいです。業界研究や企業研究に関しては、ネットで企業や関連サイトを閲覧することは当然のことで、ブックマークを業界ごとに分類しておけばとても分かりやすくて便利でしょう。

また「日経テレコン」に契約してみるのも良いかもしれません。こうすることによって、個別の企業に関する過去の雑誌や新聞記事が簡単に収集することができます。それなりに料金はかかってしまいますが、例を挙げると同じゼミで1アカウントを購入してみるというのも一つの方法だと思います。OB訪問では、礼状はメールで済ませましょう。昔のように手紙を書いていた時と比べればかなりの時間が短縮されます。

キャリアをはじめる就職の時期に、きちんと自己分析をしておくことは、長期的に見れば大きくプラスに働いていくはずです。ここでは、自己分析の有効性や落とし穴、そいて様々な注意点、具体的な方法などを詳細にご紹介します。セルフノーイング(Self-knowing)とは自分を知ることです。これはキャリアを形成していくために環境に対してアンテナを貼ること(Society-knowing)です。

それと同じように重要なことだと思います。この二つはキャリア形成において重要な二つの軸となります。キャリア(仕事)は仕事単体では存在しません。それは自分自身の生活の一部として存在します。自己理解を深めることにより仕事との向き合い方や生活の中での仕事の役割、そして意味などのが自分なりに整理されるということは、充実した時間を過ごすために大きな助けになることでしょう。

自己分析というものは就職だけでなく、キャリアを形成し続けていく、そして自分の人生を充実させていくために極めて重要なことです。人類の産業史を大きく捉えた時に、農業の時代や工業の時代、知識の時代と分類することがよくありますが、私たちはいま知識の時代に生きています。工業の時代はストックの時代でした。

そしてアイディアよりも、アイディアを実行に移すための資産があるかないかが、経済的な勝因になっておりました。工場などの物理的施設を保有する資産がなければ、経済的に圧勝することはまずできませんでした。逆にその資産をもっていれば、10年20年というように長期間でそこから上がる利益を享受することができました。

就職活動をしているとセミナーや勉強会などが多く開催されていることがわかるとおもいます。代表的なものとして二つの団体があります。それは【B2B企業】と【学生団体】です。日本において専門的な就職支援の有料サービスを継続的に提供しているのは【我究館】と【斉藤光男氏】です。それ以外は、上記のような組織が勉強会などを提供しているのです。

【B2B企業】は、学生にたいしては無料で勉強会などを提供しています。そして、企業へ採用支援をすることによって稼ぐモデルとなっています。最大手はリクルートです。みんなの就職活動日記(楽天)や、エンジャパン、そしてジョブウェブなどが大手です。質の高いサービスを無料で提供しているためどんどん利用していくとよいでしょう。

【学生団体】は、内定者やOBの社会人たちが中心となり活動をおこなっています。その中には非常に質の高いプログラムを提供している団体もあります。 ”情報の質”や”勉強会の質”については学生中心であり限界がありますが、ほとんどのものが無料であったり格安でサービスを提供しています。そのため活用しない手はないといえるでしょう。就職活動ではいい仲間がいるかどうかも重要な点となります。そしてネットワークを広げる意味であってもとても有益な存在だといえるでしょう。